UTalk Report

鳥海不二夫

工学系研究科システム創成学専攻 准教授

なぜトイレットペーパーは売り切れたのか

概要

4月のUTalkは、計算社会科学を専門とする鳥海不二夫さん(工学系研究科システム創成学専攻 准教授)にソーシャルメディアの研究についてお話しいただきます。計算社会科学は情報通信技術がもたらすビッグデータやシミュレーションを用いて社会現象を分析する新しい学際的な分野です。昨年、新型コロナウイルスの感染拡大期にトイレットペーパーの買い占め騒動が起きましたが、これは不正確な情報が爆発的に拡散する「インフォデミック」現象によるものでした。鳥海さんはTwitterのデータを用いることで、それがなぜ起きたのかを分析されています。そこから見えてきたのは、人々が情報収集ツールとしてソーシャルメディアを上手く使いこなせていないのではないか、という実態でした。最新の研究成果についてうかがいます。みなさまのご参加をお待ちしております。

なお、新型コロナウイルスの影響を鑑みまして、今回のUTalk開催はZoomを用いたオンラインのみでの開催とさせていただきます。ZOOMへアクセスするためのURLやパスワードにつきましては、申し込みいただいたみなさまにメールでご案内いたします。

Report

Copyright (C) The University of Tokyo. All Rights Reserved.
The University Tokyo