UTalk Report

李怡然

医科学研究所 公共政策研究分野 助教

遺伝するがんを家族にどう伝える?

概要

2月のUTalkでお迎えする李怡然さん(医科学研究所 公共政策研究分野 助教)は医療社会学と生命倫理を専門にされています。特に注目されているのが、遺伝するがんについて家族にどう伝えるのか、という問題です。乳がんや卵巣がん、前立腺がんの一部には、遺伝性のものがあり、現代医学によって予防や治療が可能な病気ですが、一方で、家庭内で話題にする難しさをはらんでいます。「命にかかわることだから早く伝えたい」「でも遺伝しても必ず発症するわけではないのに、将来の結婚や子どもを持つことをためらってしまうかもしれない」。こうした心理も働くなかで、いかにして家族によるコミュニケーションを支援できるのか。日本の当事者の状況や、海外でのサポートの試みもふまえながらお話しいただきます。みなさまの参加をお待ちしております。

なお、新型コロナウイルスの影響を鑑みまして、今回のUTalk開催はZoomを用いたオンラインのみでの開催とさせていただきます。ZOOMへアクセスするためのURLやパスワードにつきましては、申し込みいただいたみなさまにメールでご案内いたします。

Report

Copyright (C) The University of Tokyo. All Rights Reserved.
The University Tokyo