UTalk Report

奥村恭幸

素粒子物理国際研究センター 准教授

人類史上最高エネルギーで素粒子物理学者の夢に迫る

概要

5月のUTalkは、素粒子物理学がご専門の奥村恭幸さん(素粒子物理国際研究センター准教授)をお迎えします。ATLAS(アトラス)実験という国際共同実験グループの一員で、世界中の3,000人もの素粒子物理学者たちと協力して研究をすすめています。スイス・ジュネーヴにある研究機関CERN(セルン)に建設された「LHC加速器」がその研究の鍵を握り、LHC加速器によって作り出される人類史上最高エネルギーでの素粒子反応を精査し「宇宙の謎」に挑みます。素粒子物理学者がまさに人類の総力をかけて挑む「新物理発見」は、わたしたちの宇宙のなりたちを紐解く重要な鍵になるはずです。CERNで一体何が行われているのか、世界最大の実験装置であるLHC加速器とはなにか、宇宙の謎を解き明かす方法にどうやって挑むか、現場で活躍する若手研究者である奥村さんにお話を伺います。 みなさまのご参加をお待ちしております。

なお、新型コロナウイルスの影響を鑑みまして、しばらくの期間対面でのUTalk開催を控え、代わりにオンライン会議システム「ZOOM」を用いて遠隔でUTalkを開催することになりました。ZOOMへアクセスするためのURLやパスワードにつきましては、申し込みいただいたみなさまにメールでご案内いたします。

Report

Copyright (C) The University of Tokyo. All Rights Reserved.
The University Tokyo