UTalk Report

ほのぼの時間のつくり方

概要

3月は、サービス工学の研究者である大武美保子さん(人工物工学研究センター准教授)をお招きします。大武さんは、認知症予防回復支援サービスへの応用研究を進めつつ、NPO法人ほのぼの研究所を立ち上げ、研究と実践を往還するアプローチをされていらっしゃいます。当日は、その活動の中で開発された「共想法」を参加者の皆様にもご体験いただきながら進めたいと考えています。

Report

Copyright (C) The University of Tokyo. All Rights Reserved.
The University Tokyo