UTalk Report

佐倉 統

情報学環・教授

脳科学に何を期待しますか?

U-Talk Report

概要

7月は、佐倉統さん(情報学環・教授)と、社会は「脳科学」をどのように見て、何を期待しているのかについて考えます。

 7月のUTalkは、佐倉統さん(情報学環・教授)をお迎えしました。
 今回は、「脳科学に何を期待しますか?」をテーマに、脳を鍛えるゲームの話からスタートしました。身近な話題ということもあり、参加者の皆さまも前のめりになっていました。

 続いて、脳科学研究の切り口や、社会が脳科学についてどう考えているのかということなどについて、具体的な例をあげながらお話しいただきました。脳科学研 究は、脳を知る、脳を守る、脳を育む、脳に学ぶ、の4つの分野で進められているそうですが、それを人々がどのようにとらえているのかということを社会調査のデータから分析してるとのこと。

 参加者のみな様にも考えをきかせていただきながら、調査によって見えてきたことを共有していきました。次々と質問が飛び出し、佐倉さんと参加された方との やりとりで次々と話題がひろがりました。ジェンダーによる脳科学研究への思いの違い、日本における科学のとらえ方、西洋との比較など議論が盛り上がり、参加者から調査データの新しい解釈も出てくるほどでした。

 脳科学そのものではなく、脳科学と社会の関係について研究していらっしゃる佐倉さんならではの、分かりやすいけれど考えさせられるお話がたくさんありました。
 とても蒸し暑い日でしたが、楽しい有意義な時間だったと思います。貴重な時間を作っていただいた佐倉さん、参加者の皆さま、ありがとうございました。

[アシスタント:岡本絵莉]


-----------------------------
■ゲストの紹介
佐倉統(さくら おさむ)
東京大学大学院情報学環・教授
ST 社会技術研究開発センター、理化学研究所脳科学総合研究センターを兼務。

Report

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

Copyright (C) The University of Tokyo. All Rights Reserved.
The University Tokyo