2021.07.06

【参加募集】STEAM教育に関する研究会「STEAM夜話 Vol. 4 STEAM教育指導案の実践報告(1)ロボットプログラミング×工作」開催

✨️ ✨️ ✨️

東京大学大学院 情報学環 山内研究室では、世界140ヶ国以上でSTEAM教育ソリューションを提供する Makeblock Co., Ltd. からご支援いただたき、2020年4月1日よりSTEAM教育に関する研究プロジェクトを進めています。

研究プロジェクトでは、中間成果をみなさまにお伝えしたい、このプロジェクトを通してSTEAM教育に関心のある教育関係者のみなさまの輪を広げたい、という思いから「STEAM夜話」という公開研究会を開催しております。

これまで、STEAM夜話 Vol.1 では「アメリカのSTEAM教育」、Vol.2 では「韓国と中国のSTEAM教育」、Vol.3 では「『未来の教室』事業のSTEAM教育」に関するレビュー成果をご紹介しました。

また、2021年3月には、STEAM教育シンポジウム「日本の学校でSTEAM教育をどう展開するか」も開催しております。

✨️ ✨️ ✨️

第4回となる「STEAM夜話 Vol. 4」では「STEAM教育指導案の実践報告(1)ロボットプログラミング×工作」と題してお話をいただきます。

私たちのプロジェクトでは、STEAM教育・プログラミング教育の指導案を開発し、どなたにも使っていただけるよう公開してきました(https://www.makeblock.com/jp/case)。

また、実際に先生方に指導案を使っていただき、学校現場で実践する際の工夫や注意点に関してフィードバックもいただいております。

今回の夜話では、ロボットプログラミングと工作を組み合わせた「電子ペットのおうちをつくろう」(図画工作)の指導案を実践してくださっている、墨田区立八広小学校の坂井先生、遠藤先生にゲストとしてお越しいただきます。先生方からは現場でのSTEAM教育の実態についてご紹介いただきます。


会の後半ではZoomのブレイクアウトルーム機能を活用し、研究プロジェクトメンバーやゲスト、参加者のみなさまが交流する時間を設けます。これまでの夜話では理論的な報告が中心でしたが、今回は実際にやってみる、ということをテーマに議論が進めばと考えています。


「夜話(やわ)」という言葉には「夜に談話すること」と「気軽に聞ける話」という意味があります。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けオンラインでの開催になりますが、お仕事を終えた後、お酒などのドリンクを用意して肩肘張らずに参加いただければ幸いです。

開催日時などを確認いただき、リンク先のフォームから申し込みください。
お申し込みお待ちしています。

https://forms.gle/touaqWnUZqNNBbMs9

✨️ ✨️ ✨️

日時:2021年8月4日(水)18時~19時30分

場所:Zoomを利用したオンライン開催(アクセス方法を追ってご案内いたします)

対象:STEAM教育に関心のある教育関係者(教職員、研究者など)

定員:50名

参加費:無料

内容:
・STEAM教育指導案の実践報告
(ゲスト:墨田区立八広小学校 坂井岳志先生、遠藤千尋先生)

・参加者のみなさまとの交流会
(コーディネーター:山内祐平, 東京大学大学院情報学環 教授)

PAGE TOP